2018/よもぎあぶら

IMG_8265

 

今年もつくりました。みどりがぎゅっ!のよもぎオイル。

まだ朝露が残る春の朝摘みよもぎを摘んで、少し天日で干して、太白ごま油でじわーっと 煮出した、よもぎエキスが凝縮したオイルです。

 

IMG_8270.JPG

香りは爽やか、伸びもよく、毎年作って1年間使います。

カサカサや、特にかゆみがあるかさかさにとても効果があります。

冬のあかぎれにも◎

 

去年使い終わったスポイト式の瓶に入れてみたら、出しすぎることもなく、とっても使い勝手が良かったので、うねの余剰分をスポイト緑瓶に入れました。

瓶がかわいいのも、日常でのちょっとした幸せ。

 

簡単なので、自分で作ることもできますよ〜。

 

うねのよもぎあぶら 30ml スポイト瓶入り/1200えん

 

広告

2018/みりん・梅酢・梅酒

IMG_8277.JPG

青梅が育ち庭にぽっくり、ぽっくりなっています。

毎年恒例の梅酢づくり。

青梅と酢を同量入れて、お砂糖は半分より少し少ないくらいで仕込みます。

1年たったら、梅を取り出して梅は食べ始め、お酢は更に3年寝かせて完成。

 

梅酒も久々に。

小国の酒蔵さんが作っている日本酒で漬けました。日本酒で漬ける梅酒は柔らかくて好きなのです。

 

そして!

作りたいけど先延ばしにしていたこと。みりん仕込み。

作った麹と、耶馬渓のお友達が作ったもち米と、焼酎で、みりんを仕込んでみました。

6ヶ月くらい放置で糖化していくみたいなのですが、さてさて、美味しくできるかな。。

こちらも、とにかく初めてだし、なんちゃってみりんみたいでもいいので、味噌と同様、これから続いていく自作調味料旅、いい方向へ進めばいいなぁ。

 

それにしても。

瓶に納まっている、米や梅、綺麗です。お友達が作ってくれた米や庭でなった梅。とてもクリアでとてエネルギッシュ。

2018/味噌

IMG_8254.JPG

 

完全に出遅れすぎて、やっと2018年度仕込みの味噌、第一弾。

(だけど、小国の今朝はとても寒く、薪ストーブつけた)

今年の味噌は一味違も二味も違います!

初の米麹を作ってみて、(若干失敗気味だったけど) 仕込みました。

●耶馬渓の知人が育ててくれた無農薬米で自作した麹

●中津江の知人が育ててくれた無農薬大豆

●はやさきの塩

 

はて。材料はいいにしても、麹の出来があやしいところ。ちゃんと味噌になるかな。

実験です。自家用だし、おおよそ、味噌になってればいいけどね。

羊毛を洗う

知人のお宅に飼われていて、毛刈りの時に、分けてもらっていた羊ちゃん毛を、冬の間にしようしようと思ってやってなかったのだけど、やっとこ洗いました。

毛の持ち主はサフォークっとゆう品種の羊ちゃん。写真の子ではないのだけど、参考にデータ拝借。顔が黒くてかわいいです。

IMG_8243.JPG

まず、こちらが、刈ったままの状態。汚れや草や枝ももしゃもしゃの中に隠れています。動物臭もすごい。

IMG_8223

まず、汚れた毛をたらいに入るくらい(多く入れるとすんごい汚れで何度も洗う羽目になるので、そこそこの量がよし、っを学習)に入れて、最初は、いきなり羊毛洗剤モノリンを入れたのだけど、一回じゃ全く汚れが落ちないので、何度も何度も水でそっと押し洗いしてから、やっと、モノリンで洗うことに(を学習)

IMG_8224

水洗い1回目はこんなに茶色。何度も繰り返すと、だんだん茶水でなくなった。で、ぬるま湯にモノリン入れて、放置し(放置してる間に、どんどん次の毛を洗う)また何度か水洗い。結構な量があったので、この工程繰り返すこと8回。気づけば3時間くらい水を触っていたので、冬に怠けててよかった、っと思いました。

ふわっと広げて天日干し

IMG_8227

結構綺麗に汚れは落ちました。が、小さなゴミはまだ毛にもしゃりと包まれています。が、よしとします。

ほわーふはーー。動物臭さもある程度取れて、気持ちいい。

さて、次のステップ。紡ぎへ。

 

…………

6月のよがのひはこちら→

どんぐりカッツポシェット

IMG_8176

どんぐりカットのうちの子と友達の子。 2人そろえば「どんぐりカッツ」!

小さなお子は、なんでもかんでも拾いたがるので、ハギレで、お散歩用ポシェットを作りました。おんくんは上の、下のはお友達のお子に。

久々の福笑いパッチワーク。楽しかった。

IMG_8178.JPG

ぼっちゃま、ご満悦。これくらいのお子の、ずんぐりっとした、手首足首可愛いです。。

 

…………

6月のよがのひはこちら→

柿酢・梅酢

IMG_8136.JPG

 

冬に仕込んだ柿酢。やっとこ4月に瓶詰め終了。本来は渋柿が熟したものが、糖度も高くいいらしいけれど、お友達のお家の庭から沢山分けてもらって、甘柿、渋柿っと両方で作りました。味見すると、酸度はそれほど高くなく、フルーティなお酢です。更に数年寝かせると酸味がやわらかくなるそうなので、少しだけ残して、後は一升瓶に入れて床下収納へ。

 

そして、2015年に作って 1年漬けてから梅を取り出し、2016年からこれまた床下に寝かせていた、梅酢(原料は青梅と酢と砂糖)を今年から解禁。

 

うまいっ酢ー。

 

暑くなってくると「酢」がとても美味しく感じます。

3年目の藍さん

IMG_8165.JPG

地味に種を繋いで3年目。今年はたてたい藍さんを。っとゆうことで、ちょこっと植える範囲を広くしてみたものの、発芽がいまいちうまくいかず、大切に大切に育てています。

ひょもひょもくんが、あっとゆうまに繁みになるのだけどね。

…………

6月のよがのひ はこちら →

長命草

IMG_8166.JPG

去年、鹿児島に行った時に見つけた長命草。沖縄にしかないものと思っていたので、嬉しさのあまり苗を購入し、寒さできっと今年だけだろうな..っと思いつつも、冬に短く刈り込んで置いたらば。。

出ているじゃないの!新芽くん。畑で1人小躍りにんまり。

流石!長命草とゆうだけある。

我が家のこんにゃくにヤーコン。まだ顔を出しませんが、もうすぐなのかな。

里芋くんはやっとちょっこり。

よもぎマフィン

IMG_8138

 

今日は昨日朝露のついたよもぎを採取し、干したもののよもぎ仕事の続きをば。大量のよもぎが副産物として出たので、昼飯よもぎマフィン。塩麹味。思った以上にイケたので、少ないうねレシピに追加。さて、よもぎ仕事は何かは後日。いいものできたー。

 

ミツベーゼ

IMG_8128

バジルじゃないよ。三つ葉だよ。三つ葉のジェノベーゼ。「ミツベーゼ」

三つ葉といえば、すまし汁か、親子丼の上に乗ってる、飾りのようにしか食べてこなかったけれど、そのへんに春になると勝手に出て来てくれる万能選手。量があれば、炒めてよし、煮てよし、揚げてよし。

 

飾りじゃないのよー三つ葉はハッハ〜ん♪

 

瓶に少し余ってたので焼き菓子に入れてみたら、これもまたハッハ〜ん。

 

ミツベーゼ。お試しあれ!

川嵜8ハイツ

IMG_8059.JPG

おとどしから待っていたミツバチさんたちが、やっと、川嵜8ハイツに入居してくれました。途中退去と言わず、更新してもらいたいです。勿論、更新料はサービス!

毎日座って見てみますが、足先にレッグウォーマーみたいに花粉いっぱい付けて帰ってくる子たちのかわいいこと。

どこいらへんまで、お仕事に行っているんだろうか。

今更ながら、もっと花を植えておけばよかったと後悔。花があって、人も嬉しいわけでいいごとづくめ。宿根草をせっせと集めるとします。

 

カワーシャリゾート開店!

IMG_8083.JPG

できるなら小国から、いえ、山川から出たくないくらい気持ちのよい季節。晴れた日は、朝から、昼ゴハンに、来客あれば外でお茶したり、暑い日は夕涼みがてら外飯(すでに何度も、普通の夜ご飯を外で食べていますが)で、っとゆうことで、薪用にもらっていた廃材使って机作ってみました。いつものごとく、アシンメトリーの中でバランスをとる「ひょもテーブル」 笑

 

イメージはおプロヴァンスな感じ?フランスの片田舎(行ったことないけれど、イメージで…) だったはずが出来上がったら、やはり、インドの大衆食堂屋台版。

 

インドにいた時、田舎の中ではお高いお店、だけど、やはり、異国感や、非日常感は味わえない、抜けきれない感じのお店「アニーシャリゾート」ってゆうところから、堂々と!まねさせていただいて、「カワーシャリゾート」っとゆうことで。

 

カワーシャリゾート 開店です

 

 

 

子宮口・GBS・ビタミンK2シロップ /世の妊婦さんへ

IMG_7312

 

知る人ぞ知る、だったら素敵なのですが、知ってる人が少ないだけの、うねブログなのだけど、ちょいちょい、海外から見てくれていたり(初めて位置と国名を知るところからも)、明らかに検索して探して見てくれている情報ページがあります。

それはなんじゃらほい?と、気になりますねぇ…

全部きっと外国に住む不安な気持ち抱えた妊婦さんが検索してたどり着いてくれたかな?っと思うのですが。

 

「子宮口・GBS・ビタミンK2シロップ」について。

 

妊婦になって気になることはざっくり、

●いったい退治何週でどれくらいなるのか、自分の体の変化はいかに

●子宮口何センチって、いったい子宮口ってどこのこと?

●GBS検査って?

●破水陣痛時間間隔って?

●胎盤っていつのタイミングででてくるの?

●ビタミンK2シロップって投与すべき?

こんな感じかな?っと思うのですが、意外とGBSのこととビタミンK2、胎盤のことは、いわゆる妊娠出産本には、載っていないかもしれません。

 

ざっくり妊娠出産時にまとめていたものをここにまとめおきます。

 

秘境の地で、日本の裏側で、外国で、また日本にいる妊婦さんたちが見て、気持ちが落ち着けばいいなぁなんて思いつつ。

 

●子宮口

●GBS

●ビタミンK2シロップ

●シュッサンココロエ

●穏くんの旅行記

 

自宅出産で、特に大きな問題にぶつからなかった私の場合の妊娠出産記録なので、全ての方には当てはまらないとは思いますが、参考までに。

 

今日5/2のヨガはおやすみー

IMG_7993.JPG

今日は誰も来れないようなので、そりゃそうだ、GW真ん中だもんな、ヨガはおやすみです。

にしても、ここ最近、私事だけど、満月に必ず月のものがあるのだけど、ちょうどヨガの日とずれたり、お休みになったりと、生理123日にはじっとり家でいれる。本能ならば、薄暗い小さな所に静かにいたい、ので、多分要求は出産時と似ていると思う。

 

女の人の体は本当に不思議がいっぱい。生理に向けて開いていく骨盤と比例して、体も関節が柔らかくなるので、生理前にはやたらヨガして開く開く。で、夜眠れなくなって夜に覚醒する。で、出血し始めると、途端に体を開くことを嫌がって、昼夜だるくて眠いのだから。

味覚も変わる。コーヒーは飲みたくなくなるし、飲んでも美味しく感じない。ぎっとり甘いものも美味しく感じない。

女心はほにゃらら、とゆうけれど、一概に理性だけの問題ではないのであーる。

 

生理時、お腹がゆるくなる人も多い。腰椎3-4-5あたりの動きと密接な関係がある様で、骨盤が開くことによって、排泄頻度も増える。出産時、病院では下剤を飲むこともあるそうだが(いきむ時にう●こが出ないように)そんなことしなくても、そもそも、うまく出来すぎている体なので、生まれる前にちゃーーんと、うん様が出てから、子供がでてくるのです。

 

とゆうことで、せっかくのおやすみ、じっとり骨盤、子宮と向き合いたいと思います。